[SSLの使用について]    ID:  Password: 
ホーム
人間文化学科
国際社会コミュニケーション学科
社会経済学科
人文社会科学科
▼教員一覧
岩佐 光広
研究活動のページ
教育活動のページ
岩佐光広ゼミのページ
講義・演習等のページ
過去の授業ページ
2018 文化人類学入門
2018 東南アジア社会文化論
2018 越境文化論演習
2018 大学基礎論/学問基礎論
アカデミック・スキルズ資料
学びの情報発信
社会活動のページ
2018 文化人類学入門

授業全体の概要(シラバスより)


【テーマ】 食を通じて学ぶ文化人類学の基礎

 この授業では、「食」を通じて文化人類学の基礎を学ぶことを目指します。
 文化人類学とは、ごく手短にいうならば、「フィールドワークを通じて「異文化理解」を試み、その理解をもとに人間の多様性と普遍性について考える学問」です。ここでいう異文化理解とは、「自分とは異なる日常生活を営む人たちの暮らしぶりについて理解すること」といえます。
 この授業で焦点を置くのは「食をめぐる営み」です。日々の栄養を得るための食という営みは、人間の生存にとって不可欠なものです。しかし人間の食という営みは、生存のために必要な栄養を摂取するためだけのものではありません。文化人類学者の武井秀夫は、「私たちは食事で単に栄養を摂取しているだけでなく、イメージや便利さ、人間関係などの「いみ」も食べてい」ると述べ、それを「栄養(いみ)を食べる」と表現したことがあります(武井秀夫責任編集『Vesta』42号)。人間の食という営みはまさに社会文化的な営みでもあるわけです。それゆえ、食という営みには人間の思想や世界観、価値、規範といったものが如実に映し出されます。そのため、食をめぐる営みは、文化人類学においてきわめて重要なテーマであるとともに、文化人類学を学ぶうえでうってつけのテーマともいえます。
 しかし、注意が必要な点があります。ともすれば私たちは、自分たちが「当たり前」に行っている食の営みを「標準」として考えがちです。たとえば、虫をたべることを「気持ち悪い」「ありえない」と感じるのは、日常的に虫を食べない私たちの「食の当たり前」に照らしたときの反応だといえます(実はこの反応こそが差別を生み出す大きな要因ともなっています)。したがって、人間の多様性に満ちた暮らしぶりについて学び考えていくためには、人間の食という営みの多様性について学び、自分たちの「食の当たり前」を見つめなおすこと(これを「相対化」と言います)も不可欠になります。そしてこのことは、食に限らず、自分とは異なる暮らし方全般に当てはまることであり、それゆえ、文化人類学にける異文化理解の試みにおいて不可欠の態度といえます。この授業では、自分とは異なる食の営みを取り上げながら、こうした文化人類学において求められる基本的な態度(文化相対主義)についても学んでいきます。

 この授業は講義形式で行いますが、折に触れて受講者に質問をしながら授業を進めていきます。質問内容は主に、(1)これまでの授業内容の確認、(2)授業内容を踏まえての自分なりの考えや意見、についてです。専門的な知識は求めませんが、授業内容の復習をしっかりと行ってください。また、授業内容についてしっかりと考えながら、主体的に質問に答えようとする姿勢をもって授業を受けてください。



連絡事項


■ 2018/05/10:今日から授業を開始しました。また授業ページをアップデートしました。


授業スケジュール


授業は以下のスケジュールで進めていきます。
なお育児の関連で短縮授業や休講がありえます。その分は補講を実施します。

 05/10 第01回:イントロダクション:文化人類学の「とりあえず」の定義
 05/17 第02回:文化人類学における異文化理解と相対化の試み
 05/24 第03回:食から考えるヒトと人間(1):食べられるものと食べられないもの
 05/31 第04回:食から考えるヒトと人間(2):調理
 06/07 第05回:食から考えるヒトと人間(3):生業
 06/07 第06回:【補講】ドキュメンタリー「人間はなにを食べてきたか」を見る(1)(06/07(木)の6-7限目に実施)
 06/07 第07回:【補講】ドキュメンタリー「人間はなにを食べてきたか」を見る(2)(06/07(木)の6-7限目に実施)
 06/14 第08回:食から考える文化(1):食べるものと食べないもの
 06/21 第09回:食から考える文化(2):フード・タブー
 06/28 第10回:食から考える文化(3):食の秩序
 07/05 第12回: 食から考える文化相対主義と差別(1):文化相対主義とは?
 07/12 第12回:食から考える文化相対主義と差別(2):コオロギは食べ物か?
 07/19 第13回:期末レポートについての説明
 07/26 第14回:まとめ:食を通じて考える文化人類学
 07/26 第15回:【補講】期末レポートの相談(07/26(木)の6限目に実施)


授業資料と関連情報


講義で使用したスライドをpdfファイルで閲覧できます。
パスワードが設定してあるので、授業内で告知したパスワードで解除して閲覧してください。
また、授業内で取り上げた文献などの関連情報についても紹介しますので、復習・予習等の授業時間外学習に活用してください。


第01回 イントロダクション:文化人類学の「とりあえず」の定義(2018/05/10)



文化人類学に興味が湧いた人は、以下のページにアクセスしてみてください。



第02回 文化人類学における異文化理解と相対化(2018/05/17)



【参考文献】
***このページは一般に公開されています。リンクアドレスには下記をご利用ください。***
http://souls.cc.kochi-u.ac.jp/?&rf=5676
 Copyright (C) 2005, Kochi University Faculty of Humanities and Economics All Rights Reserved.