[SSLの使用について]    ID:  Password: 
ホーム
人間文化学科
国際社会コミュニケーション学科
社会経済学科
人文社会科学科
▼教員一覧
思想系の学問に興味のある人へ
家族研究への布石(映像篇01)
日日是労働セレクト7
日日是労働セレクト9
日日是労働セレクト10
日日是労働セレクト8
日日是労働セレクト11
家族研究への布石(映像篇03)
日日是労働セレクト12
日日是労働セレクト13
日日是労働セレクト14
日日是労働セレクト15
日日是労働セレクト16
日日是労働セレクト17
家族研究への布石(映像篇04)
日日是労働セレクト18
日日是労働セレクト19
日日是労働セレクト20
日日是労働セレクト21
日日是労働セレクト22
日日是労働セレクト23
日日是労働セレクト24
日日是労働セレクト25
家族研究への布石(映像篇05)
日日是労働セレクト26
日日是労働セレクト27
日日是労働セレクト28
日日是労働セレクト29
日日是労働セレクト30
日日是労働セレクト1-3
日日是労働セレクト31
日日是労働セレクト32
日日是労働セレクト33
日日是労働セレクト34
日日是労働セレクト35
日日是労働セレクト36
日日是労働セレクト37
家族研究への布石(映像篇06)
日日是労働セレクト38
日日是労働セレクト39
日日是労働セレクト40
日日是労働セレクト41
日日是労働セレクト42
日日是労働セレクト43
日日是労働セレクト44
日日是労働セレクト45
日日是労働セレクト4-6
日日是労働セレクト46
日日是労働セレクト47
日日是労働セレクト48
日日是労働セレクト49
日日是労働セレクト50
日日是労働セレクト51
日日是労働セレクト52
日日是労働セレクト53
家族研究への布石(文献篇01)
家族研究への布石(映像篇02)
日日是労働セレクト54
家族研究への布石(映像篇07)
日日是労働セレクト55
思想系の読書の勧め
オール岩波文庫文学選
日日是労働セレクト56
日日是労働セレクト57
日日是労働セレクト58
日日是労働セレクト59
家族研究への布石(文献篇02)
日日是労働セレクト60
日日是労働セレクト61
日日是労働セレクト62
日日是労働セレクト63
日日是労働セレクト64
日日是労働セレクト65
日日是労働スペシャル I (東日 ...
日日是労働セレクト66
日日是労働スペシャル II (東日 ...
家族研究への布石(映像篇08)
日日是労働セレクト67
日日是労働スペシャル III (東日 ...
日日是労働セレクト68
日日是労働スペシャル IV(東日本...
日日是労働スペシャル V (東日 ...
日日是労働セレクト69
日日是労働セレクト70
日日是労働セレクト71
日日是労働スペシャル VI (東日 ...
日日是労働セレクト72
日日是労働スペシャル VII (東日 ...
日日是労働セレクト73
日日是労働セレクト74
日日是労働スペシャル VIII (東日...
日日是労働セレクト75
家族研究への布石(映像篇09)
家族研究への布石(文献篇03)
日日是労働セレクト76
日日是労働スペシャル IX (東日 ...
平成日本映画百選
日日是労働セレクト77
日日是労働スペシャルX(東日本...
日日是労働セレクト78
日日是労働セレクト79
日日是労働スペシャル XI (東 ...
日日是労働セレクト80
日日是労働スペシャル XII (東日 ...
火曜日の詩歌01 - Anthologica Poet...
日日是労働スペシャル XIII (東日...
日日是労働セレクト81
日日是労働セレクト82
日日是労働スペシャル XIV (東日 ...
日日是労働セレクト83
日日是労働スペシャル XV (東日 ...
日日是労働セレクト84
日日是労働スペシャル XVI (東 ...
日日是労働セレクト85
日日是労働スペシャル XVII (東日...
日日是労働セレクト86
日日是労働スペシャル XVIII (東 ...
家族研究への布石(映像篇10)
日日是労働セレクト87
日日是労働スペシャル XIX (東日 ...
火曜日の詩歌02 - Anthologica Poet...
日日是労働セレクト88
日日是労働スペシャル XX (東日 ...
恣意的日本映画年間ベスト1
日日是労働セレクト89
日日是労働スペシャル XXI (東日 ...
日日是労働セレクト90
日日是労働スペシャル XXII (東日...
日日是労働セレクト91
日日是労働スペシャル XXIII (東 ...
日日是労働セレクト92
日日是労働スペシャル XXIV ( ...
日日是労働セレクト93
日日是労働スペシャル XXV (東 ...
火曜日の詩歌03 - Anthologica Poet...
日日是労働セレクト94
日日是労働スペシャル XXVI (東 ...
日日是労働セレクト95
日日是労働スペシャル XXVII ( ...
日日是労働セレクト96
日日是労働スペシャル XXVIII (...
武藤ゼミとはどんなゼミ?
日日是労働セレクト97
日日是労働スペシャル XXIX ( ...
家族研究への布石(映像篇11)
日日是労働スペシャル XXX(東日 ...
日日是労働セレクト98
日日是労働セレクト99
火曜日の詩歌04 -Anthologica Poetica-
日日是労働スペシャル XXXI (東日...
日日是労働セレクト100
日日是労働スペシャル XXXII (東 ...
日日是労働セレクト101
日日是労働スペシャル XXXIII (東 ...
家族研究への布石(文献篇04)
日日是労働セレクト102
日日是労働スペシャル XXXIV (東 ...
日日是労働セレクト103
日日是労働スペシャル XXXV (東日...
日日是労働セレクト104
日日是労働スペシャル XXXVI (東...
日日是労働セレクト105
日日是労働スペシャル XXXVII ( ...
火曜日の詩歌05 -Anthologica Poetica-
日日是労働セレクト106
日日是労働スペシャル XXXVIII ( ...
日日是労働セレクト107
日日是労働スペシャル XXXIX (東...
日日是労働セレクト108
日日是労働スペシャル XL (東日 ...
文理融合について
日日是労働セレクト109
日日是労働スペシャル XLI (東日 ...
日日是労働セレクト110
日日是労働スペシャル XLII (東日...
家族研究への布石(映像篇12)
日日是労働セレクト111
日日是労働スペシャル XLIII (東 ...
日日是労働セレクト112
日日是労働スペシャル XLIV (東日...
日日是労働セレクト113
昭和日本映画百選
日日是労働スペシャル XLV (東日 ...
花摘みの頁<01>
日日是労働セレクト114
日日是労働スペシャル XLVI (東日...
日日是労働セレクト115
驢鳴犬吠1505
日日是労働セレクト116
驢鳴犬吠1506
日日是労働セレクト117
驢鳴犬吠1507
日日是労働セレクト118
驢鳴犬吠1508
日日是労働セレクト119
驢鳴犬吠1509
日日是労働セレクト120
驢鳴犬吠1510
日日是労働セレクト121
驢鳴犬吠1511
家族研究への布石(映像篇13)
驢鳴犬吠1512
日日是労働セレクト122
日日是労働セレクト123
驢鳴犬吠1601
花摘みの頁オルドゥーヴル
日日是労働セレクト124
驢鳴犬吠1602
驢鳴犬吠1603
日日是労働セレクト125
日日是労働セレクト126
驢鳴犬吠1604
日日是労働セレクト127
驢鳴犬吠1605
日日是労働セレクト128
驢鳴犬吠1606
日日是労働セレクト129
驢鳴犬吠1607
日日是労働セレクト130
驢鳴犬吠1608
日日是労働セレクト131
驢鳴犬吠1609
日日是労働セレクト132
驢鳴犬吠1610
家族研究への布石(映像篇14)
日日是労働セレクト133
驢鳴犬吠1611
家族研究への布石(文献篇05)
驢鳴犬吠1612
日日是労働セレクト134
日日是労働セレクト135
驢鳴犬吠1701
日日是労働セレクト136
驢鳴犬吠1702
ATG映画のページ
驢鳴犬吠1703
日日是労働セレクト137
日日是労働セレクト138
驢鳴犬吠1706
驢鳴犬吠1707
日日是労働(臨時版)1703- ...
日日是労働セレクト139
日日是労働セレクト140
驢鳴犬吠1709
花摘みの頁<02>
【新選】昭和日本映画百選
【新選】平成日本映画百選
日日是労働セレクト141
驢鳴犬吠1710
驢鳴犬吠1711
日日是労働セレクト142
日日是労働セレクト143
驢鳴犬吠1712
日日是労働セレクト144
驢鳴犬吠1801
高知文学学校などのレジュメ集
日日是労働セレクト145
驢鳴犬吠1802
「高知市民の大学」講演レジュメ集
日日是労働セレクト146
驢鳴犬吠1803
驢鳴犬吠1804
日日是労働セレクト147
2018年度版「福島原発事故を考え ...
家族研究への布石(映像篇15)
驢鳴犬吠1805
日日是労働セレクト148
日日是労働セレクト149
驢鳴犬吠1806
日日是労働セレクト150
驢鳴犬吠1807
日日是労働セレクト151
驢鳴犬吠1808
驢鳴犬吠1703
 月が替わりましたので、「日日是労働スペシャル」の続篇をお届けします。「日日是労働スペシャル
LXIX (東日本大震災をめぐって)」が正式名称ですが、通称を用いることにしましたので、「驢鳴犬
吠1703」となります。そういうわけで通称を用いますが、内容に変わりはありません。主として、
今回の大災害(原発の過酷事故を含む)に関係する記事を掲げますが、特定の個人や団体を誹謗中傷す
る目的は一切ありません。どうぞ、ご理解ください。人によっては、多少ともショッキングな記事があ
るかもしれませんので、その点もご了承ください。なお、読み進めるほど記事が古くなります。日誌風
に記述しますが、後日訂正を載せるかもしれません。あらかじめ、ご了解をいただきたいと存じます。
 また、ご質問、ご意見等のおありの方は、muto@kochi-u.ac.jp 宛にメールをいただければ幸甚です。

                                              
 2017年3月27日(月)

 本日17時より、SOULSが一時停止します。メンテナンス上の処置だと思われます。よって、このサイトへの書
き込みも今日付をもってしばらくお別れです。再開の目途はまだたっていませんので、どうぞその暁までお待
ちいただきとう存じます。

                                                 
 2017年3月24日(金)

 まだコンピュータ環境が不安定ですが、今日も書き込みを強行します。
 いよいよ本格的に来年度の卒業論文の指導が始まりました。今日は、その二人目の卒論指導を行いました。
今日の面談学生は卒論以外単位は足りているそうなので、1年間かけて、就活と卒論に打ち込んで欲しいと
思います。

                                                 
 2017年3月23日(木)

 コンピュータ環境が不安定ですが、書き込みを強行します。先刻、卒業祝賀会に出席してきました。大学卒
業生、大学院修了生、ともにおめでとうございます。社会の荒波に船出ですね。平凡ですが、Bon Boyage!

                                                 
 2017年3月22日(水)

 いつも使っているファイアーフォックスが安全性を保てない(情報が漏洩する可能性がある)というこ
となので、今日はエクスプローラーで書き込んでいます。
 ほぼ1時間後(18時ころ)に学生の面談を予定しています。それまで、他の仕事をする予定です。

                                                
 2017年3月21日(火)

 昨夜、帰高しました。今日からまた仕事です。まだ今年度の仕事が若干残っておりますので、先ずはそれ
から片付けようと思います。

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   昨日、広島の原爆投下や福島の原発事故に関して貴重な提言をなされた、被爆者でもある
  肥田舜太郎さん(医師)が亡くなられました。満百歳の大往生です。ご冥福を祈りたいと存
  じます。合掌。

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 きつい仕事が終わったのでのんびりムードですが、精神的にはあまり芳しくなく、こころの調子を崩す学
生の気持が少しだけ分るような気がします。自分の生き方への疑問や違和感が自己を苛むのです。小生の若
い頃(10代後半から20代前半にかけて)はひどいものでした。あまりにも周りと合わないので、閉じ籠りた
い気分で一杯でした。もっとも、根がパッパラパーなので持ったんだと思います。これが真面目な性格だっ
たら、おそらくとっくにこの世からおさらばしていたことでしょう。弁解めきますが、小生のこころの修養
はまだまだ途上なので、いろいろと大目に見てほしいものです。
 なんだかんだで0時を迎えました。明日の義務は学生との面談が一件だけですので、けっこう他の仕事が
捗りそうです。もう疲れたので、帰ります。

                                                 
 2017年3月15日(水)

 11時から学生の面談を行いました。教職カルテの「学生自己評価」の欄にアドバイスを書き込むことが中心
でした。当該学生は、小生の質問によどみなく答えることができたので、「まったく心配なし」といった印象
でした。是非、今後とも、油断せずに必要なことを身に着けていってほしいと思いました。
 ところで、今日からしばしの間高知を離れます。いわゆる「命の洗濯」ですね。

                                                
 2017年3月14日(火)

 今日は3月12日(日)の代休日なのですが、いろいろ確認しておかなければならない案件がありますので、
職場に来ています。しかしながら、仕事Aも仕事Bもほぼ終了しましたので、気持の上ではかなり楽になり
ました。他の仕事に打ち込めるわけですが、その前に少し休暇を取りたいと考えています。

                                                 
 2017年3月13日(月)

 今日は学生の面談を予定していたのですが、あいにく体調不良の由、延期になりました。。仕方ありませ
んね。まだ、今年度の仕事がいくつか残っていますので、その仕事を中心に今日は過ごしたいと思います。
 22時半を過ぎました。そろそろ店仕舞いしましょう。

                                                   
 2017年3月12日(日)

 今年度の業務が一つずつ減っていき、いまや、義務は5件くらいになりました。あとは、来年度の準備と
自分の研究だけになりました。ここ2カ月強、かなりハードだったので、少しだけほっとしております。
 21時半を回りました。そろそろ、店仕舞いです。明日は、1年生の面談が予定されています。

                                                
 2017年3月11日(土)

 あれから6年の月日が流れ去りました。早いですね。しかしながら、何一つ解決していないし、その兆し
さえない現状を思うと、悲しいとか、淋しいとか、情けないとか、いろいろどんな感情なのか探ってみるの
ですが、ぴったりくる言葉がありません。「名状しがたい」などという言葉も、何やら手垢ばかりが目立つ
ようですし、「筆舌に尽くしがたい」も陳腐そのものです。しかし、意気阻喪する暇があったら、前進する
気持をもった方がいいと思います。「何にも言うな、ただ前に向かってひたすら歩め」ですね。何だかどこ
かの政党のキャッチフレーズみたいですが……(笑)。

                                                
 2017年3月10日(金)

 現在、朝の6時半です。昨夜は結局2時半頃ダウンでした。以前でしたら簡単に徹夜できたのに、無理が効
かなくなりました。4時間ほど爆睡しましたので、もう大丈夫です。今日が仕事Bの締切日ですから、ラス
ト・スパートというわけです。なお、仕事Aの仕上げもあります。3月5日頃のやる気のなさは雲散霧消しま
した。現在はやる気満々です。
 現在、15時少し前です。やっと、仕事Aおよび雑用が終了しました。これでこころおきなく仕事Bに没頭
できます。
 21時25分です。やっと、仕事Bを完成させました。こころの底からほっとしました。相当疲れていますの
で、今日はこの辺で店仕舞いです。

                                                  
 2017年3月9日(木)

 仕事Aの大半が終了しました(残りは明日です)。意外に手間取って、もう夕方です。気合を入れ直して、
仕事Bに取りかかります。自分に、ファイト!
 現在、23時10分。仕事Bはその三分の二をやり遂げました。残り三分の一は難物なので一筋縄ではいかない
と思いますが、このまま続行します。もちろん、徹夜は覚悟の上です。

                                                 
 2017年3月8日(水)

 朝方爆睡し、現在は快調です。一気に仕事Aを仕上げて、仕事Bに襲いかかろうと思います。
 仕事Aは順調に進み、本日の業務を終えることができました。残りは明日です。仕事Bは、夕方から用事
が入っているので、今日は着手できません。

                                                  
 2017年3月7日(火)

 相当に疲れが溜まっています。勤続疲労です。1週間ぐらい寝て暮らしたいのですが、そうもいかないの
で、仕事をします。大物二匹、さてどうやって釣り上げましょうか。
 さて、0時を回りました。かなり乗ってきましたので、このまま仕事を続行します。

                                                 
 2017年3月6日(月)

 現在、朝の10時15分。本格的に仕事に取りかかりましょう。
 何だか今日は妙に疲れました。今週はとくに気張らなければならない週なのですが、ここで少しインター
ヴァルを置くのも、かえって有効かもしれません。したがって、22時少し前ですが、今日はそろそろ店仕舞
いにして、明日から驀直に頑張ることにいたしましょう。

                                               
 2017年3月5日(日)

 いよいよ追い詰められています。しかしながら、まだやる気が出ません。気持として不本意なまま仕事を
することは、かなりの高ストレスを生みますよね。なかなかリポートが書けない学生の気持がいくらかは分
ります。小生も、若い頃は、「やりたくないこと(たとえば、受験勉強)は一切やらない」方針だったので、
どれだけ周りに迷惑をかけ、自分自身をも傷つけたかを熟知しているつもりですが、それでもやりたくない
ことはやりたくないですよね。つまり、「義を見てせざるは勇なきなり」はあくまでタテマエで、なかなか
そんな気持にはなれません。もっとも、自分のためにする行為は「義」とは言い難いので、それもしかたが
ないことなのでしょう。デカルトが他者との「約束」を極端なものと位置付けたのも、そういった背景があ
ったからに違いありません。そして、事態がいよいよ逼迫してくると、心理学でいうところの「反動形成
(reaction formation *)」に傾き始めます。すなわち、やりたくないからこそ、「やります」と言ってし
まうのです。これには「自分自身を鍛える」というプラスの側面もあるにはあるのですが、多くの場合、引
き受けてから大きな後悔に苛まれることになります。友人に同じような性格の人物がいますが、その人とは
「同じ病気」ではないかと睨んでいます。しかしながら、小生ももうあまり若くはないので、無理な仕事は
引き受けないようにしたいと思います。周りに迷惑をかけるだけだからです。また、寄る年波には勝てず、
無理が効かなくなっているからです。さて、現在、朝の7時少し前。はたして、今日の仕事は捗るのでしょ
うか?

   * Reaction formation(From Wikipedia, the free encyclopedia)
 In psychoanalytic theory, reaction formation (German: Reaktionsbildung) is a defensive process
(defense mechanism) in which emotions and impulses which are anxiety-producing or perceived to be
unacceptable are mastered by exaggeration (hypertrophy) of the directly opposing tendency. The
reaction formations belong to Level III of neurotic defense mechanisms, which also include
intellectualization, dissociation, displacement and repression.

 現在、19時少し前です。やっと、懸案の仕事が一つほぼ片づきました。要領を得ないことが多かったので、
少し苦労しました。もっとも、やってみれば何ということもなかったので、早く着手すればよかったと後悔
しています。
 23時を過ぎました。明日も早いので、帰ります。

                                                
 2017年3月4日(土)

 締め切りのある仕事を2件抱えていますので、大学に来ています。休日ですから、のんびりムードです。
 現在22時40分。まったくやる気が起きないので、優先順位の高いものを側に置き、大して高くない案件に
勤しんでいました。それも終わったので、いよいよ眠たくなるまで、本命の仕事をしましょう! 自分に、
ファイト!

                                              
 2017年3月3日(金)

 現在、朝の9時15分。15分後に会議があります。今日はもう一つ長時間拘束される仕事が午後からあり、
それが終われば自由裁量の時間になります。学内外の大きな仕事がそれぞれひとつずつあるので、それに打
ち込む所存です。もう、破れかぶれの、自分に大ファイト!……です。
 本日、入卒審と入修審が開かれ、小生の指導生全員が合格の運びとなりました。とりあえず、おめでとう、
と言っておきます。
 23時を20分ほど回りました。帰ります。ちなみに、明日も出勤です。

                                               
 2017年3月2日(木)

 現在のところ、今年度の仕事は、大きく分けて6種類(学内5、学外1)になりました。その内、「待っ
たなし」が2件ありますので、それから着手しなければならないのですが、どうにもやる気が起こりません。
しかしながら、そうも言ってられませんので、エイヤーとばかりやるしかないようです。自分に、ファイト!
 現在、22時15分。最低ノルマはこなしました。花粉症に悩まされており、これ以上の仕事は効率が悪くなる
ので帰ります。

                                              
 2017年3月1日(水)

 確定申告に行って来ました。去年と同じはずなのに、納税額が増えていました。どうしてでしょうか。国
民の義務ですから、甘受しますが……。
 ともあれ、月が替わりましたので、気分一新です!
 現在、22時少し前。もう少し仕事をしようかと思いましたが、明日もあることだし、この辺で打ち切るこ
とにしました。
                                                 
***このページは一般に公開されています。リンクアドレスには下記をご利用ください。***
http://souls.cc.kochi-u.ac.jp/?&rf=5501
 Copyright (C) 2005, Kochi University Faculty of Humanities and Economics All Rights Reserved.