[SSLの使用について]    ID:  Password: 
ホーム
人間文化学科
国際社会コミュニケーション学科
社会経済学科
人文社会科学科
▼教員一覧
岩佐 光広
研究活動のページ
教育活動のページ
ゼミナールのページ
2019 ゼミナール
講義・演習等のページ
アカデミック・スキルズ資料
学びの情報発信
ゼミナールのページ

はじめに


このページでは、私が担当する各ゼミナールに関連する資料や情報を公開します。

ゼミ生は、該当するゼミナールのページを定期的にチェックするようにしてください。
また、過去のページにも参考になる資料や情報がのっていると思うので、時間を見つけてチェックしてみてください。

私のゼミの概要を知りたい人は、各年度の「「ゼミナール・シラバス増補版」を参照ください。
年度によって内容が異なるので、最新のものを参照することをオススメします。
過去のものは参考までにご覧ください。


各ゼミのページ



これまで指導した卒業論文題目一覧


これまで指導した卒論には以下のようなものがあります。

【2018年度】
 「生理用品の受容がもたらす月経をめぐるケガレ観の希薄化:ネパールにおけるチャウパディ慣習を事例に」(学部優秀卒論に選出!)
 「ナショナル・マイノリティの保護をめぐる「支援のパラドックス」の可能性:チェコのナショナル・マイノリティ保護政策を事例に」
 「稲作からゆずへ:住民の語りから描く高知県中芸地域のローカルな歴史」(学部優秀卒論に選出!)
 「障害はどこにあるのか:障害の社会モデルの視点から」

【2017年度】
 「現代日本における占いの氾濫とその社会背景」
 「創造しながら継承する:現代日本における地域文化の変容をどのように捉えるか」

【2016年度】
 「イタリア社会における働くことの意味と価値:仕事と社会関係のつながりに注目して」
 「平和する:平和を生み出す実践を描き出すエスノグラフィの可能性」
 「文化に埋め込まれたサイケデリックス:北西アマゾンの人々を事例に」
 「「平等主義社会」としての狩猟採集社会:狩猟採集民カラハリ・サンの事例からの一考察」
 「複雑化する文化財返還交渉:フレーミング概念による分析」(学部最優秀卒論に選出!)
 「変容する「病い」の経験:医療化と新霊性化を手掛かりに」
 「 <クレオール>概念から捉える文化混淆のプロセス」
 「多様な声を記述する:現場のアクチュアリティを捉えるエスノグラフィの可能性」

【2015年度】
 「日本の脳死・臓器移植をめぐる文化の語り方:スウェーデンとの比較からの一考察」
 「障害のある家族がいる人は、障害者に慣れているか」
 「アイルランドにおけるパブの社会的役割:サードプレイスとしてのアイリッシュパブ」
 「Toward a Better Understanding of Third World Women: The Possibility of Feminist Anthropology」(学部優秀卒論に選出!)
 「基地のある暮らし:当事者から見た米軍基地」
 「働く女性の子育てをめぐるディレンマ:東南アジアにおける出稼ぎ女性を事例に」

【2014年度】
 「文化化から考える地域社会教育」

【2013年度】
 「日本におけるヨーガ実践者の諸相:高知県内のヨーガ実践者への意識調査から考察する」
 「国際協力活動の学びの経験:高知市立高知商業高等学校ラオス学校建設活動を事例に」
 「Jリーグのサッカー・ファンの性格:「地域クラブ」と「人気クラブ」の2つの顔」


以下から、過去のゼミ生の卒業論文を閲覧することができます。
ゼミ生のみ閲覧できるようにアクセス制限をしているので、ログインして閲覧してください。



***このページは一般に公開されています。リンクアドレスには下記をご利用ください。***
http://souls.cc.kochi-u.ac.jp/?&rf=4858
 Copyright (C) 2005, Kochi University Faculty of Humanities and Economics All Rights Reserved.