SSLの使用について

SSLとはSecure Socket Layer の略で、Netscape Communications社が提唱・開発した、インターネット上でデータを暗号化してやり取りする手順(プロトコル)のことです。
通常、ウェブサーバとブラウザとの間はHTTP(HyperText Transfer Protocol)というプロトコルで通信が行われますが、SSLを使用することでデータの「盗聴」や「なりすまし」「改ざん」「否認」などを防ぐことができます。


SOULSでは、ログイン時よりSSL3.0による暗号化を施しており安全性を高めています。


ログイン時に表示される警告メッセージについて
SSLによる暗号化通信ではSSLサーバ証明書が必要となります。現在認証局より購入の手続きをしておりますが、正式な証明書が届くまで一時的に任意の証明書を使用しております。
表示される警告は「認証局発行のものでない」という旨のメッセージですが、「OK」「はい」等の肯定的選択肢にてお使いいただきますようお願い致します。
(正式な証明書導入後はメッセージは表示されません。)
警告メッセージの例

閉じる