[SSLの使用について]    ID:  Password: 
ホーム
人間文化学科
国際社会コミュニケーション学科
社会経済学科
人文社会科学科
▼教員一覧
思想系の学問に興味のある人へ
家族研究への布石(映像篇01)
日日是労働セレクト7
日日是労働セレクト9
日日是労働セレクト10
日日是労働セレクト8
日日是労働セレクト11
家族研究への布石(映像篇03)
日日是労働セレクト12
日日是労働セレクト13
日日是労働セレクト14
日日是労働セレクト15
日日是労働セレクト16
日日是労働セレクト17
家族研究への布石(映像篇04)
日日是労働セレクト18
日日是労働セレクト19
日日是労働セレクト20
日日是労働セレクト21
日日是労働セレクト22
日日是労働セレクト23
日日是労働セレクト24
日日是労働セレクト25
家族研究への布石(映像篇05)
日日是労働セレクト26
日日是労働セレクト27
日日是労働セレクト28
日日是労働セレクト29
日日是労働セレクト30
日日是労働セレクト1-3
日日是労働セレクト31
日日是労働セレクト32
日日是労働セレクト33
日日是労働セレクト34
日日是労働セレクト35
日日是労働セレクト36
日日是労働セレクト37
家族研究への布石(映像篇06)
日日是労働セレクト38
日日是労働セレクト39
日日是労働セレクト40
日日是労働セレクト41
日日是労働セレクト42
日日是労働セレクト43
日日是労働セレクト44
日日是労働セレクト45
日日是労働セレクト4-6
日日是労働セレクト46
日日是労働セレクト47
日日是労働セレクト48
日日是労働セレクト49
日日是労働セレクト50
日日是労働セレクト51
日日是労働セレクト52
日日是労働セレクト53
家族研究への布石(文献篇01)
家族研究への布石(映像篇02)
日日是労働セレクト54
家族研究への布石(映像篇07)
日日是労働セレクト55
思想系の読書の勧め
オール岩波文庫文学選
日日是労働セレクト56
日日是労働セレクト57
日日是労働セレクト58
日日是労働セレクト59
家族研究への布石(文献篇02)
日日是労働セレクト60
日日是労働セレクト61
日日是労働セレクト62
日日是労働セレクト63
日日是労働セレクト64
日日是労働セレクト65
日日是労働スペシャル I (東日 ...
日日是労働セレクト66
日日是労働スペシャル II (東日 ...
家族研究への布石(映像篇08)
日日是労働セレクト67
日日是労働スペシャル III (東日 ...
日日是労働セレクト68
日日是労働スペシャル IV(東日本...
日日是労働スペシャル V (東日 ...
日日是労働セレクト69
日日是労働セレクト70
日日是労働セレクト71
日日是労働スペシャル VI (東日 ...
日日是労働セレクト72
日日是労働スペシャル VII (東日 ...
日日是労働セレクト73
日日是労働セレクト74
日日是労働スペシャル VIII (東日...
日日是労働セレクト75
家族研究への布石(映像篇09)
家族研究への布石(文献篇03)
日日是労働セレクト76
日日是労働スペシャル IX (東日 ...
平成日本映画百選
日日是労働セレクト77
日日是労働スペシャルX(東日本...
日日是労働セレクト78
日日是労働セレクト79
日日是労働スペシャル XI (東 ...
日日是労働セレクト80
日日是労働スペシャル XII (東日 ...
火曜日の詩歌01 - Anthologica Poet...
日日是労働スペシャル XIII (東日...
日日是労働セレクト81
日日是労働セレクト82
日日是労働スペシャル XIV (東日 ...
日日是労働セレクト83
日日是労働スペシャル XV (東日 ...
日日是労働セレクト84
日日是労働スペシャル XVI (東 ...
日日是労働セレクト85
日日是労働スペシャル XVII (東日...
日日是労働セレクト86
日日是労働スペシャル XVIII (東 ...
家族研究への布石(映像篇10)
日日是労働セレクト87
日日是労働スペシャル XIX (東日 ...
火曜日の詩歌02 - Anthologica Poet...
日日是労働セレクト88
日日是労働スペシャル XX (東日 ...
恣意的日本映画年間ベスト1
日日是労働セレクト89
日日是労働スペシャル XXI (東日 ...
日日是労働セレクト90
日日是労働スペシャル XXII (東日...
日日是労働セレクト91
日日是労働スペシャル XXIII (東 ...
日日是労働セレクト92
日日是労働スペシャル XXIV ( ...
日日是労働セレクト93
日日是労働スペシャル XXV (東 ...
火曜日の詩歌03 - Anthologica Poet...
日日是労働セレクト94
日日是労働スペシャル XXVI (東 ...
日日是労働セレクト95
日日是労働スペシャル XXVII ( ...
日日是労働セレクト96
日日是労働スペシャル XXVIII (...
武藤ゼミとはどんなゼミ?
日日是労働セレクト97
日日是労働スペシャル XXIX ( ...
家族研究への布石(映像篇11)
日日是労働スペシャル XXX(東日 ...
日日是労働セレクト98
日日是労働セレクト99
火曜日の詩歌04 -Anthologica Poetica-
日日是労働スペシャル XXXI (東日...
日日是労働セレクト100
日日是労働スペシャル XXXII (東 ...
日日是労働セレクト101
日日是労働スペシャル XXXIII (東 ...
家族研究への布石(文献篇04)
日日是労働セレクト102
日日是労働スペシャル XXXIV (東 ...
日日是労働セレクト103
日日是労働スペシャル XXXV (東日...
日日是労働セレクト104
日日是労働スペシャル XXXVI (東...
日日是労働セレクト105
日日是労働スペシャル XXXVII ( ...
火曜日の詩歌05 -Anthologica Poetica-
日日是労働セレクト106
日日是労働スペシャル XXXVIII ( ...
日日是労働セレクト107
日日是労働スペシャル XXXIX (東...
日日是労働セレクト108
日日是労働スペシャル XL (東日 ...
文理融合について
日日是労働セレクト109
日日是労働スペシャル XLI (東日 ...
日日是労働セレクト110
日日是労働スペシャル XLII (東日...
家族研究への布石(映像篇12)
日日是労働セレクト111
日日是労働スペシャル XLIII (東 ...
日日是労働セレクト112
日日是労働スペシャル XLIV (東日...
日日是労働セレクト113
昭和日本映画百選
日日是労働スペシャル XLV (東日 ...
花摘みの頁<01>
日日是労働セレクト114
日日是労働スペシャル XLVI (東日...
日日是労働セレクト115
驢鳴犬吠1505
日日是労働セレクト116
驢鳴犬吠1506
日日是労働セレクト117
驢鳴犬吠1507
日日是労働セレクト118
驢鳴犬吠1508
日日是労働セレクト119
驢鳴犬吠1509
日日是労働セレクト120
驢鳴犬吠1510
日日是労働セレクト121
驢鳴犬吠1511
家族研究への布石(映像篇13)
驢鳴犬吠1512
日日是労働セレクト122
日日是労働セレクト123
驢鳴犬吠1601
花摘みの頁オルドゥーヴル
日日是労働セレクト124
驢鳴犬吠1602
驢鳴犬吠1603
日日是労働セレクト125
日日是労働セレクト126
驢鳴犬吠1604
日日是労働セレクト127
驢鳴犬吠1605
日日是労働セレクト128
驢鳴犬吠1606
日日是労働セレクト129
驢鳴犬吠1607
日日是労働セレクト130
驢鳴犬吠1608
日日是労働セレクト131
驢鳴犬吠1609
日日是労働セレクト132
驢鳴犬吠1610
家族研究への布石(映像篇14)
日日是労働セレクト133
驢鳴犬吠1611
家族研究への布石(文献篇05)
驢鳴犬吠1612
日日是労働セレクト134
日日是労働セレクト135
驢鳴犬吠1701
日日是労働セレクト136
驢鳴犬吠1702
ATG映画のページ
驢鳴犬吠1703
日日是労働セレクト137
日日是労働セレクト138
驢鳴犬吠1706
驢鳴犬吠1707
日日是労働(臨時版)1703- ...
驢鳴犬吠1708
日日是労働139
日日是労働セレクト140
驢鳴犬吠1709
花摘みの頁<02>
【新選】昭和日本映画百選
【新選】平成日本映画百選
驢鳴犬吠1708
 月が替わりましたので、「日日是労働スペシャル」の続篇をお届けします。「日日是労働スペシャル
LXXII (東日本大震災をめぐって)」が正式名称ですが、通称を用いることにしましたので、「驢鳴犬
吠1708」となります。そういうわけで通称を用いますが、内容に変わりはありません。主として、
今回の大災害(原発の過酷事故を含む)に関係する記事を掲げますが、特定の個人や団体を誹謗中傷す
る目的は一切ありません。どうぞ、ご理解ください。人によっては、多少ともショッキングな記事があ
るかもしれませんので、その点もご了承ください。なお、読み進めるほど記事が古くなります。日誌風
に記述しますが、後日訂正を載せるかもしれません。あらかじめ、ご了解をいただきたいと存じます。
 また、ご質問、ご意見等のおありの方は、muto@kochi-u.ac.jp 宛にメールをいただければ幸甚です。

                                               
 2017年8月31日(木)

 いよいよ8月も終わりを告げます。暑いのはとても苦手なので、早く秋が来るといいとは思いますが、高知
は10月末まで暑さが残っているので、あと2カ月もありますね。うんざりですが、仕方がありません。季節が
あるから、そこにまた楽しみも見出せると思って、何とか乗り切りたいものです。

                                                 
 2017年8月30日(水)

 夏休み呆けを解消すべく鈍った心身を正常に戻したいのですが、思うようにはうまくいきません。ぼちぼち
いくしかないようです。今日は、看護学校の「哲学」の答案の採点をしなければなりません。それから着手し
ようと思います。

                                                  
 2017年8月29日(火)

 宿舎の水回りの不具合で、午前中が潰れました。しかも、部品がないということで後日に修理ということに
なりました。したがって、憂いは去りませんでした。このところ、やや不愉快なことが立て続けに起こってお
り、こころが晴れません。仕事も出鼻を挫かれた感じで、ちょっと憂鬱です。しかし、やるべきことは一杯あ
ります。休んでいた分を取り返すべく、せいぜい頑張ります。

                                                  
 2017年8月28日(月)

 本日、高知に帰って来ました。メール・チェックは79本、さすがに多いです。ほとんどがダイレクトメール
ですが、いくつか返事を要するものがありました。明日から本格的に仕事モードに入ります。

                                                  
 2017年8月24日(木)

 今日も同じネカフェに来ています。京都滞在中の最後の入店ということになるでしょう。相も変わらずの
映画の感想文を書くためですが、小生にとっては大事なことなのです。
 現在、16時50分を少し過ぎました。そろそろ店仕舞いにします。高知に帰ったら、このブログを再開する
予定ですので、それまでの間はしばしのお別れです。

                                                
 2017年8月22日(火)

 三日ぶりに、同じネカフェに来ています。これから打ち込みを始めます。3本の邦画の感想文です(於
「日日是労働1708」)。17時ころまでに終わりたいのですが、どうでしょうか。
 現在、16時45分過ぎ。そろそろ店仕舞いにします。

                                                
 2017年8月19日(土)

 今日も同じネカフェに来ました。現在閉じているサイトを公開するための作業をするためです。どのく
らい時間がかかるか分かりませんが、なるべく速やかに終わらせたいものです。
 ところで、昨日は明石に行ってきました(JR明石駅下車)。魚の棚商店街で、名物の鯛、蛸、穴子をい
ただいてきました。残念ながら、それで満腹になったので、明石焼きには手が出ませんでした。次回挑戦
ですね。その後、JRの隣の駅の朝霧に寄って来ました。温泉(龍の湯)に入るためです。ここの陸橋はたく
さんのお子さんが亡くなった場所(明石花火大会歩道橋事故、2001年)なので、冥福を祈ってきました。な
お、当地の大蔵海岸公園に海洋冒険家の堀江謙一氏の「マーメイドII世号」も展示してあったので、それ
を眺めてきました。もちろん、明石海峡大橋の全景も目に焼き付けてきました。
 やっと作業が終わりました。疲れたので、帰ります。

                                                
 2017年8月17日(木)

 今日も同じネカフェでこれを打ち込んでいます。三条高倉にある京都文化博物館からの帰りです。邦画
を1本観てきました。以前から観たいと思っていた映画なので、とても満足しました。詳細は、9月初旬
に一般公開を予定しています「日日是労働セレ クト140」をご覧ください。
 先ほど、このブログの一部しか公開されていないことが判明しました。手動でデータを入れ直さないと
外部からは見られないのです。今日は時間がないので、明日以降にその作業をします。道理で全体的にア
クセス数が少ないと思いました。データが入っていなければ、接続すらできないのですから。早く判明し
てよかったです。なお、今日は、これで店仕舞いにします。

                                               
 2017年8月16日(水)

 現在、京都にいます。今まで利用していたところとは別のネカフェでキーボードを叩いています。天候
は曇りですが、あまり暑くないのでほぼ快適です。窓のないブースなので、少し閉塞感がありますが、設
備そのものが新しいので、何とか仕事に打ち込めそうです。
 映画4本の感想を記しましたので、今日はそろそろ店仕舞いです。

                                               
 2017年8月8日(火)

 現在16時45分頃。二人目の卒論生の面談が終了しました。両者ともに内定が出ており、単位の方も心配ない
ので、卒論に打ち込むように指示しました。いわゆる「指導が楽な学生」で、優等生タイプであるところがか
えって心配ですが、先ずは順風満帆といったところです。
 現在19時30分頃。三人目、四人目の卒論生の面談が終了しました。その他の雑務も片付けましたので、晴れ
て夏休み前の全業務は完了しました。久しく観ていない映画(DVD)でも観ようかと思います。
 ちょうど0時になりました。しばらく、高知を離れます。

                                                
 2017年8月7日(月)

 今日は8月5日(土)〔オープン・キャンパスが開催されましたので、正規の出勤日〕の代休日ですが、大学
に出て来ています。しかも台風来襲。しかし、すでにかなり風は治まったようですので、それほど心配する必
要はないでしょう。目論見としては、明日の卒論生との面談を除いて、今日中に夏休み前の全仕事を了えるつ
もりです。
 現在、10時45分。採点業務がほぼ完了しました。この後、雑務を2、3件片付けてから、最後の案件(「グ
ローバル社会と地域」の実施内容報告書の作成・配信)に取り組む所存です。
 上記報告書を作成・配信しました。ほぼこれで1学期の全業務が終了しました。明日、卒論生の面談を済
ませれば、晴れて解放です。少しほっとしております。

                                                 
 2017年8月6日(日)

 今日は広島に原爆が投下された日。さまざまな肯定的言辞があろうとも、人類の汚点の一つであることに
は変わりはないと小生は思います。戦時中とはいえ、一瞬のうちに人生を強制終了させられた人々の無念は、
いかばかりだったことでしょう。直ちに死ぬことができずに、一生涯後遺症に苦しんだ人も大勢います。す
でに72年も経過したのですが、まだまだ単なる歴史の一頁にはなっていません。生きるということが何と貴
重で奇跡的なことか、改めて思い直しました。
 さて、本日も休日出勤。夏休みを楽しみにして、仕事に励んでいます。これも、平和のお蔭だと思うと、
自然に頭が下がります。誰に対してでしょうか。一人一人の国民の努力に対してです。小生が生れて以来、
例外はあるにせよ、戦争によって亡くなった日本人はいません。国民が平和を強く望んでいるからでしょう。
しかし、世界を見渡せば戦争の火種は尽きることがないかのようです。互いに少しずつ譲り合えばいいのに、
とは思うのですが、なかなかいがみ合いは解消されないようです。ルサンチマンは限りなく不毛なのに……。
人は独りでは生きていけません。当然のことですが、このことばを何度もかみしめたいと思います。

                                                 
 2017年8月5日(土)

 今日はオープン・キャンパスの日で、正規の休日出勤でした。終了後、採点業務に入ったのですが、数が膨
大なので、遅々として進みません。それでも、学生諸君の真摯な答案に接して、若者の多彩なパワーに圧倒さ
せられます。

                                                 
 2017年8月4日(金)

 本日は第5時限目に期末試験が入っています。それが終了すれば、小生は「スーパー採点マシーン」に変身
します。つまり、ひたすら試験答案やリポート(軽く、300本を超えます)を読んで、それを評価するという仕
事に打ち込みます。今年度は、8月8日が成績提出のリミット(実際には18日ですが、小生自身は8日)ですので、
あまり余裕がありません。頑張れ、俺!
 現在、22時半。ある報告書を書いているのですが、ノリが今一つ。明日はオープンキャンパスですので、ほど
ほどにして、帰宅するつもりです。

                                                  
 2017年8月3日(木)

 卒論第一稿未提出の学生から連絡が入りました。提出すること自体知らなかったそうですが、演習に出てい
ない学生なので、たしかに情報が伝わっていない可能性がありました。いずれにせよ、卒論生が多すぎて、し
かも各人の個人的事情が絡むので、とても厄介です。ともあれ、納得できる展開でしたので、少し溜飲を下げ
ました。
 今日は3コマデー。とても疲れましたが、採点業務が大量にありますので、まだまだ帰れません。学期末特
有の忙しさですが、何とかこなさなければなりません。
 間もなく24時です。最低限のノルマをこなしましたので、帰ります。疲れました。

                                                 
 2017年8月2日(水)

 今日の主な仕事は卒論の第一稿(7月末締切)の吟味でした。19名の卒業予定者の内、13名が提出しました。 
残り6名の内2名は予め免除しているので、その他4名が未提出でした。もっとも、さらにその内の3名は
各人の事情を考慮して提出期限を延ばしたので、個人的な事情を報告もせずに未提出だった学生は1名でし
た。「無断で提出しなければ、以後、指導はしませんよ」という堅い約束も、簡単に反故にされたという次
第です。一概に非難するつもりは毛頭ありませんが、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」の大事さを口
を酸っぱくして言っているにも拘らず、この体たらく。これでは立つ瀬がありません。「今どきの若者は……」
などと口にするのも億劫になります。他人事ではなく、自分自身に直接関わることなのですから、何とかし
てほしいものです。
 さて、愚痴はこのくらいにして、明日は1学期最後の3コマデー、そろそろ帰宅の準備に移ります。

                                                 
 2017年8月1日(火)

 月が替わりました。いよいよゴールが見えてきましたが、仕事の厖大さは相変わらずです。今日も、坦々と
こなすだけです。
 いくつか仕事を終わらせましたが、まだけっこう残っています。頑張って、もう少し励みます。
 現在23時。やっと今日のノルマが終了しました。帰ります。

                                                 
***このページは一般に公開されています。リンクアドレスには下記をご利用ください。***
http://souls.cc.kochi-u.ac.jp/?&rf=5533
 Copyright (C) 2005, Kochi University Faculty of Humanities and Economics All Rights Reserved.