[SSLの使用について]    ID:  Password: 
ホーム
人間文化学科
国際社会コミュニケーション学科
社会経済学科
人文社会科学科
▼教員一覧
思想系の学問に興味のある人へ
家族研究への布石(映像篇01)
日日是労働セレクト7
日日是労働セレクト9
日日是労働セレクト10
日日是労働セレクト8
日日是労働セレクト11
家族研究への布石(映像篇03)
日日是労働セレクト12
日日是労働セレクト13
日日是労働セレクト14
日日是労働セレクト15
日日是労働セレクト16
日日是労働セレクト17
家族研究への布石(映像篇04)
日日是労働セレクト18
日日是労働セレクト19
日日是労働セレクト20
日日是労働セレクト21
日日是労働セレクト22
日日是労働セレクト23
日日是労働セレクト24
日日是労働セレクト25
家族研究への布石(映像篇05)
日日是労働セレクト26
日日是労働セレクト27
日日是労働セレクト28
日日是労働セレクト29
日日是労働セレクト30
日日是労働セレクト1-3
日日是労働セレクト31
日日是労働セレクト32
日日是労働セレクト33
日日是労働セレクト34
日日是労働セレクト35
日日是労働セレクト36
日日是労働セレクト37
家族研究への布石(映像篇06)
日日是労働セレクト38
日日是労働セレクト39
日日是労働セレクト40
日日是労働セレクト41
日日是労働セレクト42
日日是労働セレクト43
日日是労働セレクト44
日日是労働セレクト45
日日是労働セレクト4-6
日日是労働セレクト46
日日是労働セレクト47
日日是労働セレクト48
日日是労働セレクト49
日日是労働セレクト50
日日是労働セレクト51
日日是労働セレクト52
日日是労働セレクト53
家族研究への布石(文献篇01)
家族研究への布石(映像篇02)
日日是労働セレクト54
家族研究への布石(映像篇07)
日日是労働セレクト55
思想系の読書の勧め
オール岩波文庫文学選
日日是労働セレクト56
日日是労働セレクト57
日日是労働セレクト58
日日是労働セレクト59
家族研究への布石(文献篇02)
日日是労働セレクト60
日日是労働セレクト61
日日是労働セレクト62
日日是労働セレクト63
日日是労働セレクト64
日日是労働セレクト65
日日是労働スペシャル I (東日 ...
日日是労働セレクト66
日日是労働スペシャル II (東日 ...
家族研究への布石(映像篇08)
日日是労働セレクト67
日日是労働スペシャル III (東日 ...
日日是労働セレクト68
日日是労働スペシャル IV(東日本...
日日是労働スペシャル V (東日 ...
日日是労働セレクト69
日日是労働セレクト70
日日是労働セレクト71
日日是労働スペシャル VI (東日 ...
日日是労働セレクト72
日日是労働スペシャル VII (東日 ...
日日是労働セレクト73
日日是労働セレクト74
日日是労働スペシャル VIII (東日...
日日是労働セレクト75
家族研究への布石(映像篇09)
家族研究への布石(文献篇03)
日日是労働セレクト76
日日是労働スペシャル IX (東日 ...
平成日本映画百選
日日是労働セレクト77
日日是労働スペシャルX(東日本...
日日是労働セレクト78
日日是労働セレクト79
日日是労働スペシャル XI (東 ...
日日是労働セレクト80
日日是労働スペシャル XII (東日 ...
火曜日の詩歌01 - Anthologica Poet...
日日是労働スペシャル XIII (東日...
日日是労働セレクト81
日日是労働セレクト82
日日是労働スペシャル XIV (東日 ...
日日是労働セレクト83
日日是労働スペシャル XV (東日 ...
日日是労働セレクト84
日日是労働スペシャル XVI (東 ...
日日是労働セレクト85
日日是労働スペシャル XVII (東日...
日日是労働セレクト86
日日是労働スペシャル XVIII (東 ...
家族研究への布石(映像篇10)
日日是労働セレクト87
日日是労働スペシャル XIX (東日 ...
火曜日の詩歌02 - Anthologica Poet...
日日是労働セレクト88
日日是労働スペシャル XX (東日 ...
恣意的日本映画年間ベスト1
日日是労働セレクト89
日日是労働スペシャル XXI (東日 ...
日日是労働セレクト90
日日是労働スペシャル XXII (東日...
日日是労働セレクト91
日日是労働スペシャル XXIII (東 ...
日日是労働セレクト92
日日是労働スペシャル XXIV ( ...
日日是労働セレクト93
日日是労働スペシャル XXV (東 ...
火曜日の詩歌03 - Anthologica Poet...
日日是労働セレクト94
日日是労働スペシャル XXVI (東 ...
日日是労働セレクト95
日日是労働スペシャル XXVII ( ...
日日是労働セレクト96
日日是労働スペシャル XXVIII (...
武藤ゼミとはどんなゼミ?
日日是労働セレクト97
日日是労働スペシャル XXIX ( ...
家族研究への布石(映像篇11)
日日是労働スペシャル XXX(東日 ...
日日是労働セレクト98
日日是労働セレクト99
火曜日の詩歌04 -Anthologica Poetica-
日日是労働スペシャル XXXI (東日...
日日是労働セレクト100
日日是労働スペシャル XXXII (東 ...
日日是労働セレクト101
日日是労働スペシャル XXXIII (東 ...
家族研究への布石(文献篇04)
日日是労働セレクト102
日日是労働スペシャル XXXIV (東 ...
日日是労働セレクト103
日日是労働スペシャル XXXV (東日...
日日是労働セレクト104
日日是労働スペシャル XXXVI (東...
日日是労働セレクト105
日日是労働スペシャル XXXVII ( ...
火曜日の詩歌05 -Anthologica Poetica-
日日是労働セレクト106
日日是労働スペシャル XXXVIII ( ...
日日是労働セレクト107
日日是労働スペシャル XXXIX (東...
日日是労働セレクト108
日日是労働スペシャル XL (東日 ...
文理融合について
日日是労働セレクト109
日日是労働スペシャル XLI (東日 ...
日日是労働セレクト110
日日是労働スペシャル XLII (東日...
家族研究への布石(映像篇12)
日日是労働セレクト111
日日是労働スペシャル XLIII (東 ...
日日是労働セレクト112
日日是労働スペシャル XLIV (東日...
日日是労働セレクト113
昭和日本映画百選
日日是労働スペシャル XLV (東日 ...
花摘みの頁<01>
日日是労働セレクト114
日日是労働スペシャル XLVI (東日...
日日是労働セレクト115
驢鳴犬吠1505
日日是労働セレクト116
驢鳴犬吠1506
日日是労働セレクト117
驢鳴犬吠1507
日日是労働セレクト118
驢鳴犬吠1508
日日是労働セレクト119
驢鳴犬吠1509
日日是労働セレクト120
驢鳴犬吠1510
日日是労働セレクト121
驢鳴犬吠1511
家族研究への布石(映像篇13)
驢鳴犬吠1512
日日是労働セレクト122
日日是労働セレクト123
驢鳴犬吠1601
花摘みの頁オルドゥーヴル
日日是労働セレクト124
驢鳴犬吠1602
驢鳴犬吠1603
日日是労働セレクト125
日日是労働セレクト126
驢鳴犬吠1604
日日是労働セレクト127
驢鳴犬吠1605
日日是労働セレクト128
驢鳴犬吠1606
日日是労働セレクト129
驢鳴犬吠1607
日日是労働セレクト130
驢鳴犬吠1608
日日是労働セレクト131
驢鳴犬吠1609
日日是労働セレクト132
驢鳴犬吠1610
家族研究への布石(映像篇14)
日日是労働セレクト133
驢鳴犬吠1611
家族研究への布石(文献篇05)
驢鳴犬吠1612
日日是労働セレクト134
日日是労働セレクト135
驢鳴犬吠1701
日日是労働セレクト136
驢鳴犬吠1702
ATG映画のページ
驢鳴犬吠1703
日日是労働セレクト137
日日是労働セレクト138
驢鳴犬吠1706
驢鳴犬吠1707
日日是労働(臨時版)1703- ...
驢鳴犬吠1708
日日是労働139
日日是労働セレクト140
驢鳴犬吠1709
花摘みの頁<02>
【新選】昭和日本映画百選
【新選】平成日本映画百選
驢鳴犬吠1603
 月が替わりましたので、「日日是労働スペシャル」の続篇をお届けします。「日日是労働スペシャル
LVII (東日本大震災をめぐって)」が正式名称ですが、通称を用いることにしましたので、「驢鳴犬
吠1603」となります。そういうわけで通称を用いますが、内容に変わりはありません。主として、今
回の大災害(原発の過酷事故を含む)に関係する記事を掲げますが、特定の個人や団体を誹謗中傷する
目的は一切ありません。どうぞ、ご理解ください。人によっては、多少ともショッキングな記事がある
かもしれませんので、その点もご了承ください。なお、読み進めるほど記事が古くなります。日誌風に
記述しますが、後日訂正を載せるかもしれません。あらかじめ、ご了解をいただきたいと存じます。
 また、ご質問、ご意見等のおありの方は、muto@kochi-u.ac.jp 宛にメールをいただければ幸甚です。

                                              
 2016年3月31日(木)

 今日は年度末である同時に、デカルトの誕生日であり、小生と妻の結婚記念日でもあります。明日から結
婚29年目に入ります。卒論を小生のゼミで書きたいという学生がやって来ました。これで二人目です。さて、
来年度は何人になるのでしょうか。

                                                
 2016年3月30日(水)

 明日は年度末。講義の準備をしていますが、あまりノリはよくありません。「明日こそは、もっと精力的
にならなければならない」と思うだけは思いました。これではダメですね。反省しています。

                                              
 2016年3月29日(火)

 今日も来年度に向けての準備が主な仕事です。もっとも、まだまだ本格的にとはいかず、気楽に構えてい
ます。いつまで続きますか。

                                                  
 2016年3月28日(月)

 今年度は今日を含めてあと4日間ありますが、もう気分は来年度ですし、実際の仕事も来年度モードに切
り替わっています。本日のコース会議では、在来生オリエンテーションの打ち合わせが主たる議題でした。
小生個人も来年度の準備に本格的に着手する必要があります。いざ、出陣といったところです。

                                                
 2016年3月27日(日)

 家にいてもボーっとしているだけなので、大学に出て来ています。講義の構想を練りながら、和田秀樹の
『スクールカーストの闇 なぜ若者は便所飯をするのか』(祥伝社黄金文庫、2013年)を読んでいますが、
共感できるところも多く、教科書(来年度の共通教育の「倫理を考える」で採用)として選んだ直観が外れ
ていなかったので、ほっとしています。著者の和田秀樹は1960年生れで、小生より6歳若いだけなので、古
いこともよく知っており、その点でも塩梅がいいのです。その他、『教室内カースト』(鈴木翔 著、光文
社新書、2012年初版)や『スクールカーストの正体 キレイゴト抜きのいじめ対策』(堀裕嗣 著、小学館新
書、2015年)を副読本に挙げる予定なので、一息に読んでおきたいものです。気分が乗って来るといいので
すが……。

                                                
 2016年3月25日(金)

 「人間」(否、「小生」と言い換えた方が正確でしょうか)とはいい加減なもので、自分のしないような
ことを見聞すると、嫌悪感が生じるようです。今日もそういうことにいくつか遭遇しました。おそらく、批
判半分、激励半分だとは思うのですが、素直に受容できないのです。それで傷ついて、こころが微妙に不調
になってしまうのです。もちろん、そんなことで傷つく自分が弱いことは分っているのですが、どうにも始
末に負えません。「人間嫌い」という病気がわずかながら進行してしまうのです。しかし、対処法がないわ
けではありません。なぜ自分はそうなるのかについて、自己分析するという方法です。おそらく、今日は眠
りに就くまでその課題に追われそうです。

                                                 
 2016年3月24日(木)

 今日は花粉症がひどいです。しかも首痛。何をすれば一番有効でしょうか。とりあえずは、来年度のテキ
ストを読み込みましょう。

                                               
 2016年3月23日(水)

 1週間弱、骨休みを戴きました。今日から復帰です。早速、卒業祝賀会に参加しました。わがゼミ生も、
元気に社会の荒海へと旅立ちます。Bon Voyage!

                                             
 2016年3月17日(木)

 現在、午前2時半ころ、やっと仕事が完了しました。昨日中には終わるだろうと高を括っていたのですが、
甘かったです。しかしながら、帰って仮眠をとって、洗濯等を片付ければ、晴れて休暇です。非常に気分が
いいです!

                                                
 2016年3月16日(水)

 今日で仕事に一段落付け、卒業式を終えたら、いよいよ2016年度に突入します。この頁は、日常の愚痴の
捨て所みたいになっていますので、まずはそれを解消しなければならないでしょう(笑)。

                                               
 2016年3月15日(火)

 17日から休暇を取るつもりなので、それまでにやるべきことをやっておきたいのですが、さてどうなりま
すか。

                                               
 2016年3月14日(月)

 昨日、久しぶりに休みにしました。大学には来なかったのですが、自宅で仕事を終わらせました。まだ残
務処理が残っておりますが、これでほとんど今年度の仕事は終わりのはずです。

                                                
 2016年3月12日(土)

 本日、卒業式(3月23日〔水〕)を除いて、今年度におけるほとんどすべての公式行事が終了しました。
明日からは、来年度に向けての仕事に切り替える予定でした。ところが、学外の仕事の依頼が入って、「予
定は未定にして決定に非ず」ということになりました。少し、とほほ、です。3月15日(火)が締切ですの
で、あまり時間がありません。ある訳書(ただし、担当箇所だけでよいらしい)を精査して誤植を探すとい
う仕事なので、それほどの労力はかかりませんが、その分精神的には結構ストレスになります。また、明後
日までにDVDを3本鑑賞しなければならず、上記と同じ15日には、別の校正の仕事も入っています。したが
って、やはり休みは取れそうもありません。1月7日(木)より、今日まで66日間連続出勤ですが、その記録
は更新されそうです。

                                                 
 2016年3月11日(金)

 東日本大震災から5年が経過しました。「忘災」などという造語があるように、5年も経てばいろいろな
ことが忘れ去られるようになります。しかし、今回の地震で壊れた福島第一原発に関しては、むしろこれか
らの対応の方が大切です。原発の再稼働問題も、あなた任せにしないで、自分で考えていかなければならな
いでしょう。ともあれ、今日一日ぐらいは震災で亡くなった方々の冥福を祈ろうと思います。

                                              
 2016年3月10日(木)

 こんなにのんびりしたのは何日ぶりでしょう。時間に急かされることなく仕事をしています。来年度の構
想を練りながら、高知文学学校研究科の講義ノートに着手しようかどうか迷っています。その作業を始めれ
ば、また忙しくなるからです。今日ぐらいはのんびりしましょう。そう決めました。
 ところで、高浜原発の運転が差し止められました。どういうことになるのか、しばらく様子を見るしかな
いようです。

                                               
 2016年3月8日(火)

 ひとつ仕事が完成しました。よって、今年度の残務はわずかになり、さすがに来年度の仕事が気になりは
じめました。もっとも、本格的に取り組むと疲れますので、そろそろといった感じで進めたいと思います。

                                                 
 2016年3月7日(月)

 花粉症が悪化しています。何とか仕事はこなしておりますが、首痛と相俟って、集中力に欠ける状況です。
あと一月はこの状況が続きそうです。憂鬱です!

                                                
 2016年3月6日(日)

 いろいろやらなければいけないことがあるので、今日も大学に来ています。休日の校舎はとても静かで
仕事が捗ります。慣れると平日よりも好ましい環境です。

                                               
 2016年3月5日(土)

 現在、午前2時少し前です。4日の仕事がなかなか終わらず、午前様になってしまいました。疲れたので、
帰って寝ます。
 (後刻)いった家に帰って、必要なことを済ませ、また大学に来ました。今日は休日出勤なので、時間を
気にせず好きなことができます。そういう日がないと、息が詰まります。

                                                
 2016年3月3日(木)

 明日締切の仕事に打ち込むべきなのですが、体調の方が今一つなので、集中力が湧きません。何とか仕上
げるつもりですが……。

                                                   
 2016年3月2日(水)

 だんだんと来年度の打ち合わせ会が増えてきました。今年度の仕事はほとんど終わっているので、気持の
上でもシフトしていかなければなりません。ただし、まだ一部は今年度の仕事なので、混乱しないように気
をつけるつもりです。

                                              
 2016年3月1日(火)

 光陰矢のごとし。早くも3月です。“March comes in like a lion, and goes out like a lamb.”……
イギリスのことわざですが、現代日本ではライオンならぬ杉花粉が猛威を振るっています。昨日あたりから
本格化し、ティッシュの箱があっという間に空になります。目はしょぼしょぼのままだし、顔中痒いし、ほ
んとうに嫌になります。しかし、仕事は待ってくれません。何とか頑張ります。自分に向けて、「ファイト!」
です。

                                                 
***このページは一般に公開されています。リンクアドレスには下記をご利用ください。***
http://souls.cc.kochi-u.ac.jp/?&rf=5329
 Copyright (C) 2005, Kochi University Faculty of Humanities and Economics All Rights Reserved.