[SSLの使用について]    ID:  Password: 
ホーム
人間文化学科
国際社会コミュニケーション学科
社会経済学科
人文社会科学科
▼教員一覧
思想系の学問に興味のある人へ
家族研究への布石(映像篇01)
日日是労働セレクト7
日日是労働セレクト9
日日是労働セレクト10
日日是労働セレクト8
日日是労働セレクト11
家族研究への布石(映像篇03)
日日是労働セレクト12
日日是労働セレクト13
日日是労働セレクト14
日日是労働セレクト15
日日是労働セレクト16
日日是労働セレクト17
家族研究への布石(映像篇04)
日日是労働セレクト18
日日是労働セレクト19
日日是労働セレクト20
日日是労働セレクト21
日日是労働セレクト22
日日是労働セレクト23
日日是労働セレクト24
日日是労働セレクト25
家族研究への布石(映像篇05)
日日是労働セレクト26
日日是労働セレクト27
日日是労働セレクト28
日日是労働セレクト29
日日是労働セレクト30
日日是労働セレクト1-3
日日是労働セレクト31
日日是労働セレクト32
日日是労働セレクト33
日日是労働セレクト34
日日是労働セレクト35
日日是労働セレクト36
日日是労働セレクト37
家族研究への布石(映像篇06)
日日是労働セレクト38
日日是労働セレクト39
日日是労働セレクト40
日日是労働セレクト41
日日是労働セレクト42
日日是労働セレクト43
日日是労働セレクト44
日日是労働セレクト45
日日是労働セレクト4-6
日日是労働セレクト46
日日是労働セレクト47
日日是労働セレクト48
日日是労働セレクト49
日日是労働セレクト50
日日是労働セレクト51
日日是労働セレクト52
日日是労働セレクト53
家族研究への布石(文献篇01)
家族研究への布石(映像篇02)
日日是労働セレクト54
家族研究への布石(映像篇07)
日日是労働セレクト55
思想系の読書の勧め
オール岩波文庫文学選
日日是労働セレクト56
日日是労働セレクト57
日日是労働セレクト58
日日是労働セレクト59
家族研究への布石(文献篇02)
日日是労働セレクト60
日日是労働セレクト61
日日是労働セレクト62
日日是労働セレクト63
日日是労働セレクト64
日日是労働セレクト65
日日是労働スペシャル I (東日 ...
日日是労働セレクト66
日日是労働スペシャル II (東日 ...
家族研究への布石(映像篇08)
日日是労働セレクト67
日日是労働スペシャル III (東日 ...
日日是労働セレクト68
日日是労働スペシャル IV(東日本...
日日是労働スペシャル V (東日 ...
日日是労働セレクト69
日日是労働セレクト70
日日是労働セレクト71
日日是労働スペシャル VI (東日 ...
日日是労働セレクト72
日日是労働スペシャル VII (東日 ...
日日是労働セレクト73
日日是労働セレクト74
日日是労働スペシャル VIII (東日...
日日是労働セレクト75
家族研究への布石(映像篇09)
家族研究への布石(文献篇03)
日日是労働セレクト76
日日是労働スペシャル IX (東日 ...
平成日本映画百選
日日是労働セレクト77
日日是労働スペシャルX(東日本...
日日是労働セレクト78
日日是労働セレクト79
日日是労働スペシャル XI (東 ...
日日是労働セレクト80
日日是労働スペシャル XII (東日 ...
火曜日の詩歌01 - Anthologica Poet...
日日是労働スペシャル XIII (東日...
日日是労働セレクト81
日日是労働セレクト82
日日是労働スペシャル XIV (東日 ...
日日是労働セレクト83
日日是労働スペシャル XV (東日 ...
日日是労働セレクト84
日日是労働スペシャル XVI (東 ...
日日是労働セレクト85
日日是労働スペシャル XVII (東日...
日日是労働セレクト86
日日是労働スペシャル XVIII (東 ...
家族研究への布石(映像篇10)
日日是労働セレクト87
日日是労働スペシャル XIX (東日 ...
火曜日の詩歌02 - Anthologica Poet...
日日是労働セレクト88
日日是労働スペシャル XX (東日 ...
恣意的日本映画年間ベスト1
日日是労働セレクト89
日日是労働スペシャル XXI (東日 ...
日日是労働セレクト90
日日是労働スペシャル XXII (東日...
日日是労働セレクト91
日日是労働スペシャル XXIII (東 ...
日日是労働セレクト92
日日是労働スペシャル XXIV ( ...
日日是労働セレクト93
日日是労働スペシャル XXV (東 ...
火曜日の詩歌03 - Anthologica Poet...
日日是労働セレクト94
日日是労働スペシャル XXVI (東 ...
日日是労働セレクト95
日日是労働スペシャル XXVII ( ...
日日是労働セレクト96
日日是労働スペシャル XXVIII (...
武藤ゼミとはどんなゼミ?
日日是労働セレクト97
日日是労働スペシャル XXIX ( ...
家族研究への布石(映像篇11)
日日是労働スペシャル XXX(東日 ...
日日是労働セレクト98
日日是労働セレクト99
火曜日の詩歌04 -Anthologica Poetica-
日日是労働スペシャル XXXI (東日...
日日是労働セレクト100
日日是労働スペシャル XXXII (東 ...
日日是労働セレクト101
日日是労働スペシャル XXXIII (東 ...
家族研究への布石(文献篇04)
日日是労働セレクト102
日日是労働スペシャル XXXIV (東 ...
日日是労働セレクト103
日日是労働スペシャル XXXV (東日...
日日是労働セレクト104
日日是労働スペシャル XXXVI (東...
日日是労働セレクト105
日日是労働スペシャル XXXVII ( ...
火曜日の詩歌05 -Anthologica Poetica-
日日是労働セレクト106
日日是労働スペシャル XXXVIII ( ...
日日是労働セレクト107
日日是労働スペシャル XXXIX (東...
日日是労働セレクト108
日日是労働スペシャル XL (東日 ...
文理融合について
日日是労働セレクト109
日日是労働スペシャル XLI (東日 ...
日日是労働セレクト110
日日是労働スペシャル XLII (東日...
家族研究への布石(映像篇12)
日日是労働セレクト111
日日是労働スペシャル XLIII (東 ...
日日是労働セレクト112
日日是労働スペシャル XLIV (東日...
日日是労働セレクト113
昭和日本映画百選
日日是労働スペシャル XLV (東日 ...
花摘みの頁<01>
日日是労働セレクト114
日日是労働スペシャル XLVI (東日...
日日是労働セレクト115
驢鳴犬吠1505
日日是労働セレクト116
驢鳴犬吠1506
日日是労働セレクト117
驢鳴犬吠1507
日日是労働セレクト118
驢鳴犬吠1508
日日是労働セレクト119
驢鳴犬吠1509
日日是労働セレクト120
驢鳴犬吠1510
日日是労働セレクト121
驢鳴犬吠1511
家族研究への布石(映像篇13)
驢鳴犬吠1512
日日是労働セレクト122
日日是労働セレクト123
驢鳴犬吠1601
花摘みの頁オルドゥーヴル
日日是労働セレクト124
驢鳴犬吠1602
驢鳴犬吠1603
日日是労働セレクト125
日日是労働セレクト126
驢鳴犬吠1604
日日是労働セレクト127
驢鳴犬吠1605
日日是労働セレクト128
驢鳴犬吠1606
日日是労働セレクト129
驢鳴犬吠1607
日日是労働セレクト130
驢鳴犬吠1608
日日是労働セレクト131
驢鳴犬吠1609
日日是労働セレクト132
驢鳴犬吠1610
家族研究への布石(映像篇14)
日日是労働セレクト133
驢鳴犬吠1611
家族研究への布石(文献篇05)
驢鳴犬吠1612
日日是労働セレクト134
日日是労働セレクト135
驢鳴犬吠1701
日日是労働セレクト136
驢鳴犬吠1702
ATG映画のページ
驢鳴犬吠1703
日日是労働セレクト137
日日是労働セレクト138
驢鳴犬吠1706
驢鳴犬吠1707
日日是労働(臨時版)1703- ...
驢鳴犬吠1708
日日是労働139
日日是労働セレクト140
驢鳴犬吠1709
花摘みの頁<02>
【新選】昭和日本映画百選
【新選】平成日本映画百選
驢鳴犬吠1512
 月が替わりましたので、「日日是労働スペシャル」の続篇をお届けします。「日日是労働スペシャル
LIV (東日本大震災をめぐって)」が正式名称ですが、通称を用いることにしましたので、「驢鳴犬吠
1512」となります。そういうわけで通称を用いますが、内容に変わりはありません。主として、今
回の大災害(原発の過酷事故を含む)に関係する記事を掲げますが、特定の個人や団体を誹謗中傷する
目的は一切ありません。どうぞ、ご理解ください。人によっては、多少ともショッキングな記事がある
かもしれませんので、その点もご了承ください。なお、読み進めるほど記事が古くなります。日誌風に
記述しますが、後日訂正を載せるかもしれません。あらかじめ、ご了解をいただきたいと存じます。
 また、ご質問、ご意見等のおありの方は、muto@kochi-u.ac.jp 宛にメールをいただければ幸甚です。

                                              
 2015年12月25日(金)

 現在、21時。5限目の講義が終わって夕食を済ませ、珈琲でほっとしているところです。ただし、本年の
仕事はまだ終了していません。残りは、授業の準備(年明け早々の2つの授業の資料作り)、論文等の素読
みと添削のメール配信(3件)です。つまり、あと5件の仕事を片付ければ、晴れて解放です。何とか今日
中に終わらせたいのですが、どうなりますか。

                                               
 2015年12月24日(木)

 年内に片づける必要のある仕事もだいぶ減ってきましたが、まだまだ休暇には入れません。卒論生との連
絡も密にしているのですが、なかなか連絡が取れない学生もいます。しかし、あと二日頑張れば、何とかな
ると思います。それにしても、イヴに蚊取り線香を焚くとは! 絶句!

                                                 
 2015年12月19日(土)

 まだ仕事が残っているのですが、もうパワーの売り切れです。22時少し過ぎ、帰ります。

                                                   
 2015年12月18日(金)

 今日も猛烈に忙しい日でした。ただし、3人の卒論生が卒論を提出したので、少し楽になりました。これ
で、通算5人です。あと10人なので、三分の一が提出したことになります。もう少しで23時になります。や
っと、来週の授業(学問基礎論、基礎倫理学II)の資料を作り終えました。もう気力が残っていません。明
日も大学院の授業があるので、そろそろ帰ろうかと思います。

                                                
 2015年12月16日(水)

 相変わらずの自転車操業で、やっと自由時間になりました。ちょうど21時です。これから、本年の話題作
である映画『ソロモンの偽証』を観るつもりです。ちょっと疲れているので、適当なところで切り上げて帰
宅しましょう。

                                                 
 2015年12月12日(土)

 卒論生への対応をしなければいけないのですが、なかなか気分が出ません。他の仕事をしながら、その気
を出そうと苦闘しています。
 その後、何とかかたちだけは整えました。

                                               
 2015年12月10日(木)

 もう直ぐ23時になろうとしています。やっと、直近の講義(来週の月曜日と木曜日の分)のノートと資料
を完成させました。卒論生の書いたもの(いずれ、卒論になるはずの文章)を読んでコメントをつけ、メー
ルでそれを送らなければならないのですが、もうそんな気力はありません。外は大雨ですので、DVDで映画
でも観ながら、雨脚の弱まるのを待つことにしましょう。……何だか、このサイトは、いつの間にか愚痴の
吐き場所と化したようです。とても情けないですね(苦笑)。

                                                
 2015年12月9日(水)

 今日は朝から猛烈に忙しい日でした。現在20時を少し回ったところ。やっと、自由時間になりました。邦
画を1本観て、ブログを書いてから帰宅する予定です。
 さて、その後、DVDで邦画の『月光仮面/怪獣コング』(監督:相野田悟、東映東京、1959年)を観ました。
「放射能」絡みの話が登場します。もちろん、相変わらず無理な設定のオンパレードでした。もっとも、そ  
れを承知で観ていればけっこう愉しめる作品です。「放射能の血清」としての「原子抗素体」なるものとそ
れを破壊する装置が登場しますが、まともな考慮の対象に値しないのは無論です。しかし、こんなものが存
在するならば、それはそれで面白いのですが……。

                                                
 2015年12月7日(月)

 今年もあと3週間くらいになりました。懸案事項は結構片づいているのですが、小生にはどうにもならな
い事柄に関しては、頭痛の種がだいぶあります。年が明ければ「地獄の季節」(仕事が山積して、二ヶ月ほ
どはほとんど毎日出勤しなければならなくなる)を迎えるので、今年中に片づくことは早く終わらせたいと
考えています。さて、今日はすでに23時半を回りました。明日は代休日ですが、看護学校に出向です。

                                                
 2015年12月5日(土)

 今日も大学に来ています。自分自身の仕事は順調に進んでいますが、学生や院生の指導ということになる
と、そういうわけにはいきません。とくに、いちばん困るのが、連絡を絶ってしまう学生や院生がいること
です。きちんと講義に出ているのか、卒論や修論の進捗状況はどうなっているのか、さっぱり分からないか
らです。したがって、指導の仕様がありません。明後日には卒論演習がありますが、卒論生の多くが出席す
ることをとりあえず祈念しております。小生が学生だった頃には考えられない「サーヴィス」ですが、そこ
までやらないと何ともならない学生が続出してしまいますので、仕方がないのです。組織に組み込まれた社
会人にとって、報告・連絡・相談(いわゆる「ほうれんそう」)は基本事項のはずですが、学生にはズボラ
な輩が多く、どうもこんな簡単なこともできないようです。小生のストレスはますます溜まる一方です。も
っとも、社会の風潮がそうなっているのかもしれません。つまり、「組織に忠節を尽くしたってどうなるも
のでもなく、むしろ自分の欲望に対して忠実に生きる方が正解だ」というわけです。しかし、相手を多少で
も慮ることは、ひいては自分のためでもあります。小生のごときわがまま放題な人間でもそう考えるのです
が、その辺りの兼ね合いの機微が分からない人が増えているような気がします。まぁ、仕方ないですね。

                                                 
 2015年12月4日(金)

 22時を過ぎましたが、来週の「思想論基礎演習」の講義ノートの完成を見ることはできませんでした。ま
だだいぶかかりそうなので、ここで打ち切って帰宅しようかと思っています。ここのところ、けっこう肉体
的にきつかったので、休みたい気分です。ただし、明日も大学院の仕事があるので、休日出勤です。

                                                
 2015年12月2日(水)

 夜の10時になりましたが、まだ明日の講義(「思想論基礎演習」)の準備に着手しておりません。これか
ら気張らなければなりませんが、ちょっとしんどいです。しかし、何となるでしょう。24年間、まさに「貧
乏閑なし」です。

                                                
 2015年12月1日(火)

 また師走になりました。生まれてから62回目の師走です。いつも12月は慌ただしく、あっという間に過ぎ
去りますので、その時間を有効に使いたいと思います。とりあえずは、あと29本になっている年間鑑賞映画
のノルマを果したいと考えています。しかし、一日1本ペースで観ることを要求されますので、この忙しい
12月に達成できるか、はなはだ心許ない現状です。

                                               
***このページは一般に公開されています。リンクアドレスには下記をご利用ください。***
http://souls.cc.kochi-u.ac.jp/?&rf=5283
 Copyright (C) 2005, Kochi University Faculty of Humanities and Economics All Rights Reserved.