[SSLの使用について]    ID:  Password: 
ホーム
人間文化学科
国際社会コミュニケーション学科
社会経済学科
人文社会科学科
▼教員一覧
高知人文社会科学会ホームページ
過去のイベント
高知人文社会科学会について
高知人文社会科学会ホームページ
更新情報
高知人文社会科学会について(5/25 16:52更新)
過去のイベント(1/27 09:46更新)
第2回 公開シンポジウム(2014年3月15日)(3/06 10:27更新)
高知人文社会科学会のホームページです。
関連情報やイベント情報などを公開しています。


「高知人文社会科学会」とは?


高知人文社会科学会は、組織・分野の垣根を越えて、高知県における人文社会科学分野の連携を目指し、2013年1月に設立された人文学・社会科学の学会です。

「大学の枠を越えた多様な人びととの双方向のコミュニケーションの場」を形成し、「大学と地域との橋渡しを通じて、地域の発展に寄与すること」を目指し、高知の人文社会科学研究者・学生・実務家が分野や所属などの垣根を越えて集い、それぞれの研究・教育・実践の成果発表などを通じて互いの活動を知り、異なる視点から自由に議論するための場を提供することを目的としております。

本学会は以下のような活動を行います。

 1.学会誌『高知人文社会科学研究』の編集と発行(年1回)
 2.公開シンポジウムの開催
 3.修士論文発表会の開催
 4.研究報告会・講演会の開催
 5.高知県内ならびに国内外の研究者との交流

学会の詳細、入退会、連絡先等については、下記をご覧ください。


□訂正のお知らせ

2014年3月に発行した『高知人文社会科学研究』創刊号の表紙には「ISSN 0919-7273」と記載されていますが、正しくは「ISSN 2188-2479」です。
間違ったISSNを記載して申し訳ありません。

     2014年3月31日 高知人文社会科学会運営委員会


最新情報


高知人文社会学会が主催・共催・協賛するイベントを中心に、最新情報をお知らせします。
ご確認のうえ、ぜひご参加ください!



□ 高知人文社会科学会 2015年度公開シンポジウム 開催!


 この度、高知人文社会科学会では、2015年度総会とあわせまして、下記の通り公開シンポジウムを開催することになりました。
 また同日には、高知県内の大学院生による「優秀修士論文発表会」も合わせて開催する予定です。

 ぜひご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

* 今後も関連情報をアップデートいたしますので、定期的にご確認ください。

高知人文社会科学会 公開シンポジウム

日時: 2016年3月5日(土)13:00-17:00
会場: 集落活動センターなかやま(安田町)

共催: 高知大学人文社会科学系人文社会科学部門、高知大学地域連携推進センター、中山を元気にする会、中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会、中芸観光協議会、なはり浦の会、馬路村公認むらの案内人クラブ、魚梁瀬山の案内人クラブ、安田まちなみ雑踏衆、田野町まちづくり塾・衆
協賛: 高知県立大学文化学部、高知工科大学経営・マネジメント学群
後援: 奈半利町、田野町、安田町、北川村、馬路村、四国森林管理局

 高知人文社会科学会(事務局:高知大学人文学部)では、2015年8月、高知大学と安田町の連携協定を踏まえて、「林鉄と暮らし」をテーマに本学人文社会科学部門・地域連携推進センター所属教員と安田町ふるさと応援隊の方々と研究チームを立ち上げました。以来、「中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会」等から多くのご支援を賜り、森林鉄道・四国森林管理局の関係者、当地区住民の皆さまから様々な貴重なお話をうかがい収集してまいりました。
 このたび、第1回成果報告会として、安田町をはじめ中芸5か町村、さらには関係諸団体のご協力を得て、「『魚梁瀬森林鉄道』を通じた地域再考と地域振興」と題するシンポジウムを3月5日(土)に、安田町の集落活動センターなかやまにおいて開催させていただくことになりました。本会では、全国の森林鉄道遺跡保存とそれに基づく地域再生事業のあり方について研究する専門家の講演、県内の林鉄保存活動のパネル展示等も予定しております。また、昨年北川村で開催されました「魚梁瀬森林鉄道ジオラマ展」展示のジオラマが安田町の集落活動センターなかやまに常設されることになりましたので、そのお披露目も行われる予定です。さらに3月6日(日)には、特別企画「旧魚梁瀬森林鉄道の遺構探索と街歩き」を開催する予定です。
 中芸5か町村の皆さまをはじめ、多数の皆様方にご参加いただき、「魚梁瀬森林鉄道」の遺産の文化的価値について改めてご理解いただくとともに、ここでの議論を当地区の観光雇用の創出・拡大につながる材料の1つに加えていただければと考えています。
 なお、シンポジウムに先立ち、当日11時00分より、優秀修士論文発表会も開催します。こちらもあわせてご参加ください。

【プログラム】

【第1部】
基調講演1 脇野 博(岩手大学教育推進機構)
          「日本における森林資源開発と森林鉄道の展開・衰退」

基調講演2 赤池慎吾(高知大学地域連携推進センター)
          「国有林経営における魚梁瀬林業の位置づけ」

【第2部】
地域と関わる活動の報告1 清岡博基(中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会会長) 
                   「魚梁瀬森林鉄道、保存・活用のこれまでの取り組み」

地域と関わる活動の報告2 中村茂生(安田町ふるさと応援隊)
                   「集落活動センターなかやまの魚梁瀬森林鉄道観光活用拠点化に向けた試み」

地域と関わる活動の報告3 岩佐光広(高知大学人文学部)
                   「高知大学による魚梁瀬森林鉄道に関する調査について」

地域と関わる活動の報告4 飯高伸五(高知県立大学文化学部)
                   「林鉄遺構を活用したフィールドワーク教育─高知県立大学文化学部による北川村での取り組みから─」

【お問い合わせ】

高知人文社会科学会 事務局
 〒780-8520 高知県高知市曙町2-5-1 高知大学人文学部 事務室内
 電話:088-844-8172


omote.jpg

ura.jpg


雑誌『高知人文社会科学研究』について


○ 『高知人文社会科学研究』のウェブ公開

本学会の雑誌である「高知人文社会科学研究」のウェブでの公開を始めました。
高知大学学術情報リポジトリ(KUDiRA)からご覧頂けます(PDFファイルでの公開となります)。


○ 雑誌『高知人文社会科学研究』の原稿募集

本会の雑誌を2014年3月に創刊しました。原稿を募集します。下の投稿規定をご覧の上、ご応募下さい。原稿は毎年10月末が〆切りです。

【原稿送付先】
〒780-8520
高知市曙町2ー5ー1 高知大学人文学部内 高知人文社会科学会



お問い合わせ先

高知人文社会科学会 事務局

●住所
〒780-8520
高知市曙町2ー5ー1 高知大学人文学部内 高知人文社会科学会事務局

●E-mail
kshssアットマークkochi-u.ac.jp
(アットマークを@に変えてお送りください。)

●TEL/FAX
088-844-8172
***このページは一般に公開されています。リンクアドレスには下記をご利用ください。***
http://souls.cc.kochi-u.ac.jp/kshss.html
 Copyright (C) 2005, Kochi University Faculty of Humanities and Economics All Rights Reserved.